ひたつづみ

いつまでも変わらないでいる"自分"という高校生の人生のメモリー

regret

泣きたい。

面接が終わった直後に、余裕持って乗る予定のバスがくる一分前に控え室出たのにバスが停まる場所が分からなくて探してる間に目の前でバスが行くのを見た瞬間泣いたけど、泣きたい。

思いきって泣きたい。